CoMoSol 作品展 全国アトリエ太陽の子会員の作品展

「主婦の友こどもアンデパンダン展」

画像の説明
「こどもの表現に優劣はない」
これがアトリエ太陽の子のスピリット。
「主婦の友こどもアンデパンダン展」は
全国のアトリエ太陽の子加盟画室によるイットウ賞のない作品展です。

今を生きるこども達による多様な世界は、
児童画と称される領域を遥かに超えて新時代のモダニズムを予感させます。

※主婦の友こどもアンデパンダン展は2年に1度のビエンナーレ形式で開催されています。

※アンデパンダン(仏)は、独立を意味します。既成の価値観に左右されることのない、
こどもという人格が生み出す作品による作品展という意味を込めています。


下の▶をクリックすると動画形式でご覧になれます。

18th. subテーマ:食と家族 2013

会場は神奈川県民ホールギャラリー
2013年 2/27から3/3までの開催となりました。
もはや名物となった大壁面展示では、こどものエネルギーが炸裂。
食をテーマにした直径80cmの作品が約440点。
圧巻の大壁面の一部をここに動画掲載します。


.

17th. テーママイネーム 2011

過去に着ていたTシャツをカンバスにした作品で構成。
また、イニシャルをテーマにインスタレーション表現は、
いわゆる『デザイン』の域を遥かに超えています。


.

16th. テーマこの星の物語 2009

この星の大切な自分の姿をテーマに展開。影と実像が交錯した不思議な空間が出現。


.

15th.テーマこどもブーム 2007

古雑誌でできた凸凹板の大画面作品を集合。吹き抜けの壁一面の大迫力は圧巻。こどもだからできるコンバイン。

HP-ba4-15anpan- 4


.

14th. テーマとびだせ不思議 2005

「不思議な○○」をテーマに、通念としての“こどもの表現”とされるものを超えることにチャレンジしてみた。

HP-ba4-14anpan- 5
.
.
a:5700 t:1 y:0