TOP PAGE

【KoDoMoのジーニアスな予感】

Los ninos COMOSOLとは「太陽のようなコドモ」ということ。創造的で元気なこども達が新しい時代を切り開いていきます。
制作の現場にいると、ヒトは自身の内に秘めた天才を実現するために在るのだと気付かされます。これぞまさに”アートマン”なり。We are Genius. We are Artist Comosol.
こどもは、みんな天才です。

_DSC09714-パノラマindexアトリエの先生養成
2014.5.5 『コドモあいらんだ〜銀座』(銀座7丁目/描画路面120m×16m)アトリエ太陽の子企画/撮影:藤井アキラ/撮影協力:有賀写真館
DSC08666-パノラマ小
2016.5.5 そして、3年後、カラーバージョンが当たり前になりました。撮影に関するクレジットは2014年度に同じ。


★★★★★★★★★★★★★★★
CoLuMn
★★★★★★★★★★★★★★★

アトリエ太陽の子の今をコラムします

太陽の子芸術教育研究所のモニターの様子やプロジェクトの予告、ジーニアスな世界に住むコドモの目撃談などタイムリーな話題を掲載します。関連の写真アルバムは、編集特性を考慮してFaceBookとのリンクにより機能を分担することがあります。

【造形のSEED】

夏のアトリエ えのぐの舟に乗ってみよう。
局面を描いて立ち上がるまっ白な舟。絵の具をたっぷりと含んだ筆でタッチしたとたんに、スーッとアカ色やアオ色が拡がっていきます。にじんで混ざった色が変身して紫色やオレンジ色になってあっという間に変身します。
今年の夏は、絵の具の舟に乗って不思議な世界を旅しましょう。
アトリエ太陽の子・造形教室・お絵かき・絵画・工作・子ども・習い事・おけいこ・アトリエの先生養成
アトリエ太陽の子
アトリエ太陽の子・造形教室・お絵かき・絵画・工作・子ども・習い事・おけいこ・アトリエの先生養成


【表現の動機付け「具体 Gutai」】

◎自身の感性を信じて熱中するとアートが出現する。
添付の写真は、2016年度の3節講座生によるモビール作品です。作者は、あくまで物理的なバランスに注意を払い制作しており、そこに何らかの高邁なアート上の意図を込めようとはしていません。
終了した直後、作者は何故、そのようなフォルムをつくったのか。その内容に何が含まれているのか理解できません。自分以外のもう一人の自分が創ったのかもしれないと他人事のように思えたりします。残るのは、熱中の心地良い疲労感くらいでしょうか。その表現が何を意味しているのか理解できるのは、制作が完了してからです。
<全文は相当な長文となっています。興味をお持ちの方は、このホームページ「■Kids Art Work」後半に全文掲載しています。お出かけください。ご意見あれば是非、お寄せください.>
アトリエ太陽の子・造形教室・お絵かき・絵画・工作・子ども・習い事・おけいこ・アトリエの先生養成
Creator;Chie Tanaka


【イベント報告/コドモあいらんだー銀座2016】

2016年5/5こどもの日 「銀座柳まつり」にて、120m×16mの地上絵が完成。今回トライアルとなったカラフル。真っ黒なアスファルトに鮮やかな色彩が銀座の路上に浮かび上がりなんだか未開の血が騒ぐような別世界が出現しました。年度を追うたびに、参加者が増えつづけついに600名を突破。たくさんの参加者のみなさんありがとう。そして、無事このイベントを成功させていただいた『柳まつり実行委員会』の方々にもお礼申し上げます。最後に、朝日新聞全国版(夕刊)に大きく取り上げられて大感激でした。
画像の説明
アトリエ太陽の子
画像の説明


【イベント報告/コドモあいらんだー銀座2016 その2】

『コドモあいらんだー銀座2016』120m×16mの地上絵を上空より撮影。遠くに新橋方面を望む。確かにこの地上絵、TOKYOど・まん中に描かれたのだと改めて発見。
Haruka2.png

掲載中のコラムリンク先:Facebook https://www.facebook.com/comosolinoue  FacebookPage https://www.facebook.com/comosol1#
掲載を完了したコラムのストックハウス:既コラムのガレージ

a:59683 t:20 y:54